♪新型コロナウィルス感染症対策を行い、新しい鑑賞様式に対応したジャズストリートに向けて検討を開始しました♪

7月1日号広報すぎなみでは、区が文化芸術活動の支援策として「すぎなみアート応援事業」を立ち上げたと報じられました。
こうした中、阿佐谷ジャズストリートも6月に実行委員会を開き、、コロナ禍の現状をふまえて、検温やソーシャルディスタンスなどを取り入れ、安全安心を徹底したスタイルでの公演、インターネット配信など新しい鑑賞様式に基づき取り組んでいくことを確認しました。
そのため、会場数は従来より少なくなりますが、感染症対策と公演を両立させながら、いかに来年に向けてバトンをつないでいくかという課題に向け努力してまいります。なお感染状況によっては、関係機関と調整しながら柔軟に対応してまいります。
内容が具体化しましたら順次お知らせいたします。
皆様のご支援ご協力を心よりお願い申し上げます。

阿佐谷ジャズストリート実行委員会

関連記事

twitter

ページ上部へ戻る Scroll Up